こんなサイトを探していた!AGA東京に特化したサイト『東京AGAクリニック 比較ランキング』

トップ > コラム > 薬を利用する治療ではそれなりに副作用がある

薬を利用する治療ではそれなりに副作用がある

 病気になったときには病院で治療を行います。通院をするにしろ入院をして手術をするにしろ、それなりに薬を使います。
 薬を使う場合に気になるのが副作用ですが、副作用のない薬はないといってもいいぐらい副作用はつきものと言えます。ただ、すべての人に同じ副作用が出るわけではありません。
 また、同じ病気でも、人によって副作用の影響が異なるので、医師が薬を使い分けてくれます。
 AGAは主に男性に起こる脱毛症のことです。症状ですが、今のところ病気とはされていません。ですから治療を行うときには自費診療を受けることになります。保険が適用されないためにどうしても費用が掛かることがありますが、ある程度の効果が期待できる場合もあります。
 自費診療の場合は、クリニックによって費用が異なりますから、どれくらいの期間でどれくらいかかるかを事前に確認しておきましょう。


 いざAGA治療が始まると、症状に応じて投薬治療が行われます。
 最初に血液検査を行い、頭皮の状況などを調べます。その人によって状況が異なるので、それに合わせた薬が配合されます。薬を利用するときには副作用が出る場合があります。男性ホルモンを抑制するタイプの場合、男性ホルモンが減少することによる症状が出てしまうことがあります。
 その他では内臓であったり、心臓に影響が出る場合があります。その時に内臓や心臓の病気がなければ特に問題はありませんが、持病などがある時には別の治療方法を選択しないといけない場合もあります。
 また、この治療を始めることによって何らかの内臓疾患が出てしまうこともあるので、その時にも治療の中止が必要になります。医師が対応してくれますから、勝手な判断ではなく、医師の指示に従って治療するようにします。


 AGA治療として、自毛植毛を行うことがあります。
 毛根がすでに死んでいる場合は、薬による治療はあまり効果がありません。自毛植毛のイメージとして、生えていないところにどんどん自分の毛を植え込むと考えることがあります。
 実際は毛根を植え込む作業になります。毛根を受け込んだ時には毛が付いていることもありますが、その毛はすぐに抜け落ちます。人によっては植毛でふさふさになると期待していたのにとがっかりする人もいるでしょう。
 その後毛根が定着することで、そこから毛が生えてきて、植毛効果が出てきます。毛が生えそろうには数箇月かかることもあります。かつらのように行ってすぐ毛がふさふさになるわけではないので、注意しないといけません。

カテゴリー

▲ ページトップへ