こんなサイトを探していた!AGA東京に特化したサイト『東京AGAクリニック 比較ランキング』

トップ > コラム > 主に男性ホルモンが影響することによる薄毛の治療

主に男性ホルモンが影響することによる薄毛の治療

 男性が男性らしくあるのは男性ホルモンが影響しています。女性の場合は女性ホルモンです。男女それぞれ両方のホルモンを持っていますが、バランスとして男性は男性ホルモンが多くなっています。
 男性が女性らしくなりたい場合は、女性ホルモンを注射などするとなれる場合があります。一般的にはそれぞれのホルモンが一定量ある状態ですが、バランスが崩れる場合があります。
 そして男性ホルモンが過剰になってしまうとき、出てくる症状として薄毛があります。AGAは、男性が男性ホルモンによる影響で髪の毛が薄くなる状態のことを言います。
 もし解消したい場合には、AGA治療を行うことになります。薄毛にはそれ以外のことが原因のこともあります。その時には別の方法を取ることになります。
 女性の場合は別の原因のことが多いので、症状に合った対策が取られます。


 クリニックなどに行くと、まずは診断がされます。
そしてどれくらい薄毛なのか、何が原因なのかを調べてもらいます。血液検査などをするとわかるので、その結果で男性ホルモンが影響していることがわかれば、そのための治療を行っています。
 男性ホルモンそのものよりも、男性ホルモンがある作用をすることで抜け毛が進行するとされています。方法としては、男性ホルモンを抑制する方法と、男性ホルモンが抑制する作用をしないようにする方法があります。
 男性ホルモンを抑制すると、男性ホルモンが影響する副作用が生じることがあります。男性ホルモンの作用を食い止める方法なら、男性ホルモン自体は減らないので副作用は少なくなります。
 それぞれに合った薬がありますから、症状に合わせて医師が指示をしてくれます。それを飲んだりつけたりしながら様子を見ます。


 AGAの状態として、毛根が休んでいる場合もあれば、すでに死んでいる場合もあります。若い人だと休んでいる状態のことが多いので、薬などで治療をすることができます。
 しかし、休んだ状態が長く続いている場合や高齢の場合だと事情が変わります。毛根が死んでいる状態のことがあります。すると薬で男性ホルモンの作用を抑えたり育毛をしても効果が期待できません。
 そこで行われる治療方法として植毛があります。生えていないところに毛を植え付けます。
 最近は自毛植毛と呼ばれる方法が知られていて、後頭部などの毛根を前頭部などに移植する方法が取られることがあります。薬を取るか植毛を取るかは、それぞれの症状を見て医師から提案してもらえます。

カテゴリー

▲ ページトップへ